自分自身の

すべてを使って

人を楽しませる

エンターテインメントを

提供したい。


全身写真
PEOPLE066
羽田 佳令KAREN HADA
芸術学部 芸術学科
音楽領域
音楽総合コース

愛知県出身
Q

名古屋芸術大学を選んだ理由は?

舞台に関することをいろいろな角度から学べるところに惹かれました。

もともと舞台が好きで、高校では演劇部に所属しミュージカルに携わっていました。芸術関連の学校を探す中で、名古屋芸術大学の音楽総合コースは、音楽領域のコースをまたいで興味のある科目を履修することができ、実技も複数同時に選択できることを知りました。照明や音響などの裏方から、声優やミュージカルなど演者としての学びまで幅が広く、専門性の高い4年制大学という利点もあり、入学を決めました。

インタビュー写真
Q

所属しているコースで、一番力を入れていることは何ですか?

身体表現の幅を広げたいと考えています。

最初の2年間、舞台に関するいろいろなことを学びました。朗読劇に出たり、産学連携プロジェクトで企業のオリジナルソングを歌うボーカルユニットの一員となったりと、多くの経験もできました。その結果、私は役者として作品を創り上げる事が好きだとわかり、歌や演技の力をつけるのはもちろん、ダンスの授業を受けるなど、身体表現の幅を広げることにも注力しています。自分自身の身体をどう使って人の心を動かすかと考えながら、日々取り組んでいます。

インタビュー写真
Q

将来の夢や目標はなんですか?

役者として、エンターテインメントに関わり続けていたいです!

目標は役者であり続けること。演じる舞台は、ミュージカルや2.5次元(漫画・アニメ・ゲームなどを原作・原案とした作品)などジャンルを問わず幅広く演じられるようになりたいと思っています。その傍ら、パソコンで音楽を作るDTMや録音、映像制作、イラスト制作などにも挑戦していきたいです。いろいろなものに興味が引かれてしまい、そのすべてを一通りやってみたい性格なので、1日24時間じゃ足りません(笑)。

Q

尊敬しているアーティストはいますか?

エンターテイナーとしての関ジャニ∞さんを尊敬しています。

そもそも実は、アイドルにもタレントにもあまり興味がありませんでした。ファンだった友だちのSNSを通して関ジャニ∞さんの活動を知るうちに、彼らのパフォーマンスが、幅広くハイクオリティであることに気が付きました。ライブに行けば演出やMCの面白さに圧倒され、舞台やテレビで演技力に感心させられる。そのうえ楽器演奏もできて、バラエティ番組でもたくさんの人を笑わせているんですよ。エンターテイナーとして心から尊敬しています。

インタビュー写真
Q

この大学をめざしている後輩にメッセージを!

様々な学びが待っていますから、未経験でも大丈夫ですよ。

美大、芸大というと、幼少期から触れていないと……なんて思う人がいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。はじめから明確な目標がなくても大丈夫。名古屋芸術大学には、様々なコースがあって選択肢は広いし、未経験でも丁寧かつ専門的な指導を受けられます。少しでも興味があるものには、どんどん触れていきましょう。そうするうちに、本当にやりたいことに出合えると思いますよ。