自分らしい表現を

見つけられる場所。

芸術の楽しさを

後進にも

伝えていきたい。

全身写真
PEOPLE070
吉村 春紀HARUKI YOSHIMURA
芸術学部 芸術学科
美術領域
美術総合コース

岐阜県出身
Q

名古屋芸術大学を選んだ理由は?

いろいろな表現方法を体験する中でコースを決められるから。

子どものころから絵を描くのが好きで、もっと学びたいと感じながらも、具体的な方向性を絞り切れずにいました。名古屋芸術大学には1年次にアートファンデーションがあり、さまざまな分野を学ぶ中で、自分の興味がわかるのではないかと期待して入学しました。

ガラスやジュエリー、造形などの工房がたくさんあって設備が充実しているところも魅力でしたね。

実際に、日本画、洋画、立体など、それぞれ専門の先生に指導を受けていろいろな表現方法を体験する中で、自分は立体が面白いと感じることを発見しました。落書き程度に描いたものが立体となって隣に存在することに感動します。

インタビュー写真
Q

いま興味があることや、ハマッていることは?

大好きなアイドルの歌や写真に癒されています。

好きなアイドルの歌を聴いたり、動画や写真を見たりすることです!日々の作品制作で行き詰ったとき、歌や笑顔に癒されリフレッシュできます。

日本のロックバンドのボーカルが好き過ぎて、彼をモチーフにしたキャラクターを作ったこともあります。思い返せば、立体制作の楽しさを知ったのはこれがきっかけだったかもしれません。

インタビュー写真
Q

将来の夢や目標はなんですか?

絵を描くことの魅力や面白さを伝えていきたい。

まだ漠然としていますが、大学で学ぶことを活かした職業に就きたいと考えています。私に絵を描く楽しさを教えてくれた方々のように、私も誰かに絵を描く楽しさを伝えられたらいいですね。その点、名古屋芸術大学の美術領域は、教職課程を履修すれば美術の教員免許が取れるのも魅力。

私は、いろいろなことに悩んだり考えたりした中学校時代も、絵を描いていると心が落ち着きました。そんな経験からも伝えられることがあるんじゃないかと思っています。

Q

尊敬しているアーティストはいますか?

身近な、大学の先輩方に憧れています。

産学官連携事業である、ららぽーと 名古屋みなと蔦屋書店とのX'mas 店内装飾プロジェクトに参加しました。1年生の私は土台を作ったり色を塗ったりというお手伝い程度だったのですが、先輩方は自分よりも大きな作品を手掛けていました。

間近で見るその姿は、とてもカッコよくて感激しました。わからないことだらけの1年生にも優しく的確な指導をしてくれて、数年後、そんな先輩方のようになっていられたら、と思っています。

インタビュー写真
Q

この大学をめざしている後輩にメッセージを!

良き仲間と温かい先生に囲まれて自分らしい表現を。

名古屋芸術大学を選んでよかったと、日々実感しています。同じ道を目指す仲間が集まり、それぞれ表現の仕方が違ってとても刺激的。そして先生方は学生一人ひとりに寄り添い、自分らしい表現ができるよう、的確なアドバイスで導いてくださいます。

設備が充実していて、コースも様々なので、自分に合ったものをきっと見つけられるはず。自分を作品で表現できる場所なので、「好き」な気持ちを大切にがんばってください!