2021.07.20AWARD
「シドニー国際ピアノコンクール2021」にて大学院音楽研究科 器楽専攻2年の太田糸音さんが第6位に入賞しました。

285人の応募があったシドニー国際ピアノコンクールは昨年に開催予定でしたが、コロナの影響により1年の延期が決まった後に、オンラインによる審査へ変更となりました。

その方法は、世界各地からzoomでシドニーの事務局とつなぎ、リアルタイムにコミュニケーションしながら動画と音声を収録し、演奏終了後すぐに、事務局が指定するDropboxに動画ファイルをアップロードするという「そのままの演奏」をシドニーに届ける方式でした。

太田糸音さんは、3月と5月に、アクトシティ浜松中ホールより、河合楽器製作所 によるピアノとホールのサポートと、本学サウンドメディア・コンポジションコースによる音声・映像収録のサポートを受け、シドニーに向け、予選(40分) セミファイナル(50分)、ファイナル(80分)の演奏を行い、7月18日、6位に入賞したと事務局より発表されました。

お問い合せ