2021.06.06EVENT
テキスタイルデザインコース 有松にてオリジナルブランド手ぬぐいを限定販売

6月5日(土)、6日(日)の二日間、テキスタイルデザインコースの学生が、授業で制作したオリジナル手ぬぐいを有松にて販売しました。

例年、テキスタイルデザインコースでは「有松絞り手ぬぐいブランドプロジェクト」と銘打ち、学生が有松絞りの技法を学びオリジナルデザインの手ぬぐいを制作、6月に行われる「有松絞りまつり」会場にて販売するという、商品の企画から生産、販売までを行うプロジェクトを実施しています。

残念ながら新型コロナウイルスの影響で昨年から有松絞りまつりは中止となっていますが、今年は、授業でもお世話になった(株)張正、(株)SUZUSANが手がける雑貨店 「aigaeshi」隣の特設ブースの2か所にて限定販売することとなりました。

張正では藍色の手ぬぐいを、特設ブースでは学生らが考案した「染めいよしの」「ピコ」「けふけふ」「ShiboLil」の4つのブランドの手ぬぐいを販売しました。

お店を訪れたお客さんに伺うと、本学の手ぬぐいブランドプロジェクトのことをよく知っていて毎年楽しみにしているという声がいくつも聞かれました。
続けて何年も購入しているというお客さんはショッパーやパッケージなどだんだん良くなってきていると感心している様子で、手ぬぐいプロジェクトが一定のファンを獲得していることが確認できました。

規模を小さくしての開催となりましたが、手ぬぐいプロジェクトがファンを獲得していることや有松・鳴海絞りを応援してくれている方々の存在を感じました。
学生たちにとって非常に大きな経験となったことと思われます。

お問い合せ